■ YUMIYA

サングラスの歴史はレイバンの歴史でもある。




サングラスの歴史は " Ray-ban " の歴史でもある。


d0177272_12504887.jpg
1853年、米ニューヨーク州ロチェスターにて

ドイツ移民であるヤン・ヤコブ・ボシュ氏により創業。


その後、1863年にボシュ氏の苦難の時も影で支え続けた、

同じくドイツ移民のヘンリー・ロム氏が共同経営者となり

社名を " BAUSCH & LOMB社 " に社名変更された。




1923年に北米大陸無着陸横断飛行を成功させた

米国陸軍航空隊ジョン・マクレディ中尉が、その体験をもとに

パイロットの目を保護できるアイウェアの開発をボシュロム社に依頼し

同社が約6年の年月を費やし、紫外線の99%、赤外線の96%を

カットできる " レイバングリーン " レンズを完成させた。



そして1930年、そのレンズを採用したアビエーターモデルの

サングラスが米空軍に正式採用されたとき、

本格的なサングラスの歴史が始まったといえる。



「遮光」を意味する「 Ray-Ban 」のブランドがデビューしたのは

ちょうど70年前の1937年のことで、

これが史上初めての一般向けサングラスであった。



B&L社によりMADE IN USA生産されていましたが

1999年、レイバン・ブランドが「LOXOTTICA(ルックスオティカ)」社

(本社/伊ミラノ)の傘下となり、

「Ray-Ban」の生産がUSA→ITALYに移行となりました。


d0177272_1250960.jpg
80年代製、当時のオリジナルケースに"BAUSCH & LOMB"ロゴ。
サイドにRay-banのエンブレムパッチはなく、鋲となります。




d0177272_1252785.jpg
レンズ左上にRay-banのプリントは無くBLの刻印となる。



d0177272_12514692.jpg

d0177272_12513650.jpg
MAIDE IN USA B&L社製の証となるB&LとUSAの砂打ち刻印。



d0177272_12512789.jpg
フロント内側の「 5022 」刻印はサイズを表記となります。

「 5022 」はレンズ横幅50mm、ブリッジ幅22mmを表します。



- YUMI

by weindex-end | 2012-05-16 13:04 | ■ YUMIYA
カレンダー