エリな話
d0177272_1575018.jpg
ショールカラーは、正当なイメージとラフイメージの両極端なイメージを持ち合わせている。ショールカラー(ヘチマ襟)とは、首からショールを掛けたように見える事からの名称

1600年代アメリカからヨーロッパに香料、タバコ、コーヒーと共にシルクが持ち込まれはじめた。
当時、誰もが手にできるものはでは無く、一部の限られた上流階級の人々のみであった。

珍しく高級素材であったシルク素材の室内着(ガウン)を着た姿で、肖像画を描くのが上流階級で流行し、富の象徴でもあった。
そのガウンがのちのスモーキングジャケットの原型となったとされている。

典型的なスモーキングジャケットは、襟がショールカラーで着丈は腿辺りの長さ。素材にはベロアやシルクが好まれていた。

当時の上流階級の紳士たちは状況に応じて服装を変えていて、朝の外出にはモーニングコート、乗馬には乗馬服、日中はフロッグコート、夜には過ごす場所に応じて洋服を変えるのが当たり前の日常であった。

友人邸に食事の招待された時に着る服、オペラに行く時の服、自宅で、ゆっくりとくつろぐ時の服など、必要に応じたルールがあり、更には階級などにより色目や生地にもある程度の決まりもあった。

イギリスの上流階級にとって、自宅での夕食というのは、頻繁におこなわれる「 社交場 」だった為、色々な人を招いてマナーに沿った食事を振る舞うのが流儀であり、招待客も燕尾服を身に纏い背筋を正して椅子に座っていた。
この時、燕尾服の尾は椅子から垂れているので邪魔にもシワにもなりにくい。

食事が終わると邸宅の主はひとり、もしくは親しい友人とプライベートな息抜きをする為にスモーキングルームへと向かう。

そこではスモーキングジャケットに着替え、ソファや深々とゆったり座れる椅子に背をもたせながら、ビリヤードや酒をちびちびやり、ゆっくりと時間を掛けて葉巻やタバコを楽しんでいた。
スモーキングジャケットは、葉巻などの煙を吸収し、灰の落下から衣類を守る役割を担うと共に、座る時には、燕尾服のように尾を巻き込まず、ビリヤードを楽しむ上でも、動きやすいリラックスウェアとして「 快適 」な時を過ごす意味合いを強く含む、洋服として認知されていった。

その後、スーツの先祖にあたるディナージャケット、ラウンジスーツ、タキシードと呼ばれる尾の無い上着が生まれて、クリミア戦争が起こった1850年代には、イギリスでトルコ産のタバコが流通すると共に喫煙する習慣は一般にも浸透していった。

- YUMI
[PR]
by weindex-end | 2014-09-09 15:10 | ■ YUMIYA
<< TMT 2014 A/W Co... COOTIE Producti... >>



RIGHT LANE DRIVE
by weindex-end
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
■ YUMIYA
■ KAZU
■ TOOLE
■ NARU
★ INFORMATION ★
■■ COMPANY INFO ■■

OVERSEARCH INDEX Co.,ltd
-- OFFICIAL WEB SITE --
-- WE Delivery --
-- WE Style UP --


■■ SHOP INFO ■■

INSIST --------------------
CIEL'BLD 2-3-5 Sanbancho
Matsumashi Ehime JAPAN
Zip 790-0003
Fon 08 99 47 54 44

■ INSIST / facebook --
■ INSIST / instagram --
■ INSIST / twitter --


INSIST-STACK -----------
CIEL'BLD 2F 2-3-5
Sanbancho Matsumashi
Ehime JAPAN
Zip 790-0003
Fon 08 99 47 54 46

■ STACK / facebook --
■ STACK / instagram --
■ STACK / twitter --

最新の記事
Delivery Infor..
at 2017-10-20 16:14
21Anniversary!!!
at 2017-10-19 12:48
PORKCHOP GARAG..
at 2017-10-18 13:40
BEDWIN Nordic ..
at 2017-10-13 14:07
COOTIE Deliver..
at 2017-10-12 18:03
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧